7T1CI-2901
Tous niveaux
Hiver 2022

Les rendez-vous cinéma d'Abi - François Truffaut, la vie est un


Truffaut a su développer un cinéma passionné autour de quelques thèmes obsessionnels : les femmes, les livres, l’enfance, la mort. Très attentif aux réactions de son public, respectueux des personnages qu’il invente et complice des acteurs qui leur donnent vie, Truffaut a créé des films d’une sincérité absolue, où la vie, toujours préférée à la perfection technique, palpite et inonde l'écran. Qui ne s’est pas un moment reconnu dans la saga d’Antoine Doinel, amoureux transi de Baisers volés et séducteur maladroit de Domicile conjugal ? Qui n’a pas été troublé par le trio de Jules et Jim, mené par une éblouissante Jeanne Moreau ? Qui a oublié le couple Deneuve-Depardieu dans Le Dernier Métro ou l’interprétation incandescente de Fanny Ardant dans La Femme d’à côté ? Pour Truffaut, le cinéma est mêlé passionnément avec la vie, et c’est cette passion que ses films continuent à transmettre.
Atelier en japonais.

1er conférence : samedi 26 janvier
Films de ma vie

Abi Sakamoto : Responsable cinéma de l’Institut français du Japon. Ancienne rédactrice de la revue Cahiers du Cinéma Japon. Jury à la Semaine de la Critique au Festival de Cannes, au Festival International du Film à Locarno et au Tokyo FILMeX.


映画のアトリエ / 講師:坂本安美 - 生誕90周年記念 連続講義 : フランソワ・トリュフォー 人生は小説のように(第2回)


フランソワ・トリュフォーは、1984 年に52歳の若さでこの世を去った後も、世界中の観客、映画人たちを魅了し、それぞれの人生、あるいは創作に影響を与え続けています。情熱とともに短い人生を駆け抜け、映画を、本を、俳優たちを、女性を、子どもたちを愛し、長編映画21本、短編映画数本を残しました。トリュフォーはまた、優れた批評家、書き手であり、名著「ヒッチコック/トリュフォー」ほか、映画についての多くのテキスト、書物を残しています。トリュフォーは、自分が生み出す登場人物たちにできる限りの敬意を払い、命を与え、その共犯者である俳優たちとともに、一本、一本の作品に生命が脈打つよう、絶対的な誠意をもって映画を作り続けました。ジャン=ピエール・レオ演じるアントワーヌ・ドワネルとともに学校をさぼって映画を観に行き、街を駆け抜け、「突然炎のごとく」の眩しいジャンヌ・モロー率いるジュールとジムたちと共に駆けっこし、歌い、「終電車」のドヌーヴとドパルデューのカップルや「隣の女」のファニー・アルダンの白熱した演技に身を震わせ、「恋愛日記」の三人の若者たちの不可能なる愛にひたすら涙する・・・。トリュフォーとともに映画が、人生が結び合い、繋がっていくかのようです。
2022年に生誕90周年を迎えるのを記念して、トリュフォーを巡る講義を連続して行います。作品の抜粋、トリュフォーのテキスト、手紙、製作の記録、批評などとともに様々な角度、テーマからトリュフォーの魅力に迫ります。
使用言語は日本語です。

実施日 :
第1回:1月29日(土)トリュフォーの人生の映画たち

坂本安美 : アンスティチュ・フランセ日本映画プログラム主任。「カイエ・デュ・シネマ・ジャポン」元編集委員。カンヌ国際映画祭批評家週間、ロカルノ映画祭、東京フィルメックス映画祭などで審査員も務める。